低血圧の種類と原因

低血圧を改善するために

低血圧には主に4つのタイプがあり、それぞれ症状と原因が違うので治療方法も変わってきます。自身の低血圧のタイプと症状を知って効果的に改善を行いましょう。

低血圧の種類を知って改善

特定が難しい本態性低血圧

本態性低血圧は病気が原因ではないと医師に診断されることが多いです。この本態性低血圧は特に体質や遺伝が原因と言われいます。長期間にわたり低血圧になるのが一般的な症状で、改善する最適な方法はストレスを抑えて生活することが挙げられます。

起立性低血圧は動作がきっかけ

起立性低血圧は主に立ちくらみやめまいが症状に見られます。そして、原因の理由としては自律神経の乱れが挙げられています。起立性低血圧を改善するためには病院で薬物療法を行うことがいいでしょう。また、めまいや立ちくらみが起こる動作をなるべくさけることも必要です。

病気が原因の症候性低血圧

何かの病気によって、症候性低血圧になることがあります。また、病気の対策で使用している薬剤によっても症候性低血圧になります。その症候性低血圧は元となる病気の治療が進んでいくにつれて、解消することができます。

食後に起こる食後低血圧

日常生活の食事にタンパク質を含んでいる食品を多く摂取することが食後低血圧の原因と言われています。そのため、改善するためにはお茶などに含まれているカフェインを摂取するといいでしょう。血圧の低下を防止してくれる働きがあるので食後低血圧に対して有効です。

広告募集中